遊戯王コレクターのブログ

子供の頃に熱中した遊戯王カード。大人になったいま、ぼくは過去の記憶と共にそれを集める。ツイッターアカウントはこちら→@wFJdcA3vws3pwGO

マツコの知らない・遊戯王カードコレクションの世界「前編」

別にマツコさんじゃなくてもいいし、マツコさんが遊戯王カードを知らないのはどうでもよいのだけど、他にタイトルを思いつかなかったのでちょっとマツコさんのお名前をお借りしました。

f:id:daiti0526:20181002081813j:plain

※アンコウみたい。

 

今回は数多ある遊戯王カードのコレクションジャンルについて記述していきたいなと思います。だいたいの人にとってはどうでもよい知識ではあるのだけど、同じ遊戯王カードといっても多種に渡りジャンル分けされているので、わかりやすくどういう種類が存在するのかをまとめてみたいなあと思います。ついでに各ジャンルの収集にともなう難易度もご説明していきたい。種類によっては金銭だけでは解決できない難易度の高いものも存在するため、これからコレクターをやりたいという人に向けて参考になるような内容にしたいと思いますので、よろしくお願い致します。

 

・こんなにいっぱい!多種にわたる遊戯王カードのコレクションの世界

とりあえず、ぼくが存在を確認したジャンルを粗方書き出してみる。

 

・第1期遊戯王カードコレクター

・ブラックマジシャンコレクター

・ブルーアイズコレクター 

・アジアレリーフコレクター

・アジアシクコレクター

・多言語コレクター「更に細分化することができる」

・高額プロモコレクター「更に細分化することができる」

・イラスト違いコレクター

・イラストストーリーコレクター

・エラーカードコレクター

・未開封コレクター

・屋台お祭りカードコレクター

・エッチなイラストカードコレクター

・オリカコレクター

 

ざっくり書くだけでこれだけ種類がありました。一部、更に細分化できてしまうジャンルについてはもうキリがない為、まとめてしまいます。正直、軽い気持ちで記事にしようと思ったぼくが馬鹿だった。これはちょっと一つの記事で全てを紹介するには無理があるので、別けて書きます。

 

・第1期遊戯王カードコレクター

多分、コレクターの方の大部分が当てはまるのではないかと思われるジャンルから紹介。まさに当ブログで扱っているコレクションジャンルですね。

 

このカード類をコレクションする魅力として想い出や感傷に浸れる面や、単純にカード自体のイラストやフレーバーテキストの面白さ、そして第1期特有の完成されたカード自体のデザインに大きく起因するではと思います。

f:id:daiti0526:20181002091528j:plain

※原点にして頂点。過去に置き去りにされた僕達の記憶に住み続ける青眼の白龍

f:id:daiti0526:20181002091102j:plain

※いまのカードにはないダークファンタジー感や、知性を感じさせないイラストやモンスターの生態を魅力的に説明するフレーバーテキスト

 

f:id:daiti0526:20181002093742j:plain

※最もデザイン性に富んだフォーマット。

 

これだけの理由があればコレクター人口の大きさも納得できますね。

そして、金銭面や一部を除いた入手難易度の緩さもあって、コレクター初心者にもおススメジャンルです。

 

・ブルーアイズコレクター&ブラックマジシャンコレクター

このあたりは第1期の遊戯王カードコレクターとコレクションする動機付けが被ります。ただ違うのは、これら特定のカードに対する愛情の深さが起因となりコレクターとなる方が多いという点です。つまるところ、第1期遊戯王カードコレクターの発展系と解釈して頂いてもよいと思います。

 

2018年10月1日現在でも、これらのカードが活躍する大会で上位及び優勝に食い込んだり、いま現在も新フォーマットやイラスト違い、設定の追加などで関連カードが発売されている現状。そして黎明期の遊戯王を支え、今を築き上げた功労者という偉大な存在が多くの方を魅了する理由となっている。

 

初心者がコレクターとして始めに手を出すのにも最適ではありますが、一部のカードには偽物が大量に出回っており、2018年10月2日現在に至っては、玄人のコレクター方が査定しても鑑定を間違えるという事態も出てくるほどに精巧な偽物が出回っているので、そこだけは要注意です。ただ、あまりに高額な故に初心者の方々が手を出すことはないでしょうが……。

f:id:daiti0526:20181002101248j:plain

f:id:daiti0526:20181002101409j:plain

遊戯王の黎明期を支え続けた立役者達。

f:id:daiti0526:20181002100623j:plain

f:id:daiti0526:20181002100956j:plain

※多種多様なフォーマットとデザインの多さ。海外版のカードも含めると、その種類は青天井。このカード達が如何に人気かを物語っている。

 

f:id:daiti0526:20181002100312j:plain

※シークレットレア加工のブルーアイズ。通称「シクブル」本当に状態の良いものだと100万はくだらない絶品ではあるものの、それ故に精巧な偽物多く出回っている。

 

・総括

続きは需要があれば……!