遊戯王コレクターのブログ

子供の頃に熱中した遊戯王カード。大人になったいま、ぼくは過去の記憶と共にそれを集める。ツイッターアカウントはこちら→@wFJdcA3vws3pwGO

マツコの知らない・遊戯王カードコレクションの世界「中編」

前回はこちら↘︎

daiti0526.hatenablog.com

 需要がありそうでしたので、続きを書いてみたよ!

前回はそれなり知名度のあるコレクションスタイルをご紹介したわけだけど、そこまでディープなお話はしませんでした。ただ、今回はちょっとマニアックな話が多いかもしれない。 

f:id:daiti0526:20181023021835j:plain

いや、もうはっきり言ってしまうと、後半に行くにつれ真っ暗で底知れない井戸に永遠と落下するような感覚で記事を読まなければいけないかもしれない。そうなったらもう最後。ただ堕ちるだけなのでそれが怖い人はこの辺で一度青空を眺めながら休憩すると良いかもしれない。

 

……というくだらない警告はちゃっちゃと済ませて、早速本題へ行きましょう。

 

・今日のお品書き

 

本日は以下のコレクターについて説明していこうかなと思います。

 

・アジアレリーフコレクター

・アジアシクコレクター

・多言語コレクター「更に細分化することができる」

・高額プロモコレクター「更に細分化することができる」

・イラスト違いコレクター

・イラストストーリーコレクター

 

ちなみに、このあたりの収集自体は前編に紹介した記事に比べ多少は事前知識が必要ではあるものの、まだどうにかなるレベルです。

 

・アジアレリーフコレクター

・アジアシクコレクター

・多言語コレクター

 

遊戯王カードには日本語以外にも韓国・中国・アメリカ・北米・ポルトガル・ドイツ・スペイン・イタリア・フランス・カナダ・オーストラリアの言語が存在しており、特にオーストラリアとカナダはごく僅かな期間でしか販売されていなかったので大変希少価値が高い。特にオーストラリア産の青眼は完全に言い値の世界となっており要お財布と相談だったりします。

f:id:daiti0526:20181023024732j:plain

※この新聞が発行された後、日本で海外のカードが公式で使用できなくなるというギャグのような規制が発表された。そして外国語ができないと遊戯王は難しい。それは全てコンマイ語のせいだけど。

f:id:daiti0526:20181023025046j:plain

※自身の多言語コレクションの一部をご紹介。

 

また国によってカード自体の紙質が異なっていたり、イラストやレアリティの違い、そしてシクやレリーフの加工方法に加え、カードの色合いが異なっていたりとするため、見比べるのが中々楽しい。

 

レア加工の違いを楽しみたいのなら、アジアレリーフやアジアシクもおすすめだ。値段はばらつきはあるものの、日本のシークレットやレリーフと比べて高額な場合がほとんどである。その分、高級感のあるシークレット加工や、非常に凝ったレリーフ加工を楽しめる。

 

あと海外で販売されているOTSシリーズのレリーフ掘りの深さも中々侮れないので、どっちが自分好みなのかを確認してからコレクションをしてみることをオススメしたい。

f:id:daiti0526:20181023030840j:plain

※アジアレリーフの与奪の首飾り。細かい職人芸が伝わる凝ったレリーフ加工。うん。素晴らしい。

f:id:daiti0526:20181023031551j:plainこちらOTS8のパック封入されていたレリーフカード。写真写りが悪いせいで伝わり難いが、それでもはっきりとレリーフ加工を確認できる。

 

・そもそもアジア版ってなんだ?

そうですよね。大切な説明をすっかり忘れていました。アジア版の定義を明確にしましょう。

f:id:daiti0526:20181023153616j:plain

※アジアのイメージ図

 

まず、当たり前ですが日本で一般販売されるものはアジア版ではありません。

これはあくまで日本人向けに卸されるパックであり、海外では販売されません。一方、アジア版は日本・中国・韓国等のアジア圏の遊戯王ファンに向けて製造されたパックであり、2018年10月23日現在では日本語表記のカードとなっている

遊戯王GXが放送されていた頃までは上記でご紹介した通り、英語表記のみでした。

 

・高額プロモコレクター

これはもうそのままの意味ですね。具体的な定義はありませんが、一般的には大会プロモカードや、上位入場特典のカードを収拾されている方を指しています。このカードを収拾する方は、人生の多くのイベントを供物にし、収拾されている方や富裕層の方が趣味でやられている方が多い印象です。

f:id:daiti0526:20181023154609j:plain

※こんな趣味を持つよりかはマシだと思いたい……。

 

この領域のコレクションになると、金銭の問題はもちろんのこと、致命的に発行枚数の少ないカードの場合だと、わざわざ海外に出向いたり所有者の情報を調べたりしなければいけなかったり、偽物を見分けるために知識も必要である。

 

この分野のカードをコレクションする場合、相当の覚悟が必要になってきますので十分注意しましょう。

 

daiti0526.hatenablog.com

 ※個人的このあたりが高額プロモコレクターのスタートラインだと思われる。

 

・イラスト違いコレクター

・イラストストーリーコレクター

 

上記に記述した通り、遊戯王にはイラスト違いの同盟カードや、何種類かのカードと結びつき想像力を掻き立てるようなカードが存在します。

f:id:daiti0526:20181027091250j:plain

※同じカードでもここまで違う。

【遊戯王】災難続きでも逞しく生きるクリッターの物語【カードイラストストーリー】 - YouTube

※個人的におススメなクリッター君の物語。

 

この辺りは初心者コレクターさんでも手を出しやすくておススメです。カードファイルを漫画風にして楽しむこともできますし、考察に浸り想像力を膨らませて楽しむこともできる。大抵はコミカルなストーリーだが、中には鬱展開を繰り広げるストーリーも存在し、そういう性癖持ちでも楽しめる仕様になっている。

 

・総括

これからコレクターを始めたい方の参考になれば幸いです。